2013年05月31日

理科系の作文技術

2013年5月1日付・東大生協書籍部門売上5位の本です。

学習院大学名誉教授で物理学者の木下是雄(きのした これお)さんが書かれた本です。

1981年9月に出版され、現在でも毎年重版を重ねているロングセラーです。

木下さんはこの本で、まずは「目標を1つの文にまとめた目標規定文を書くこと」をすすめています。

これにより、明確な目標意識を持つことができ、主張の一貫した文章を書くことができるという流れになります。

そして目標をにらみながら材料をメモし、序論・本論・結論といった原則に従って記述の順序や文章の組み立てを考え、すっきりと筋の通った形にしていくのです。

実際に木下さんが書かれたメモや論文の一部など具体例が多く紹介されていて、文章もわかりやすい言葉で構成されています。

おもに、理系科学者がレポートなどを作成することを念頭において書かれていますが、社会人が仕事の上で必要とされる、レポート・報告書・説明書などの表現技術とプレゼンテーションにも役立つ本だと思います。

【送料無料】理科系の作文技術 ...

【送料無料】理科系の作文技術 ...
価格:735円(税込、送料込)


posted by やっちゃん at 05:34| 東大生が読んでる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

ももクロの美学

2013年5月1日付・東大生協書籍部門売上6位の本です。

東京大学文学部・大学院人文社会系研究科准教授(美学芸術学専攻)の安西信一(あんざい しんいち)さんが書かれた本です。

アクロバティックなパフォーマンスで人気沸騰中の少女アイドル・ユニット「ももいろクローバーZ」。

中年男性がライブで涙するなど、そのファン層はこれまでになく多岐(たき)にわたっています。

何がこれほどまでに人の心を揺さぶるのか。

私たちはなぜそれに癒(いや)されるのか。

みずからも熱烈なももクロファンである50代の著者が、

・エビぞり少女―身体という基軸

・Zコースター―歴史の高速ハイブリッド化

・変顔のフラガール―戦闘、近さ、ユモレスク

・ももクロと日本―救済としての少女

という4つの章に分けて、ももクロの人気の秘密にいどんでいます。

ももクロを「美学」という観点から切り込んでいった本は、これが初めてではないでしょうか。

東大で売れているということは、東大にも、ももクロファンが結構居るみたいですね。

【送料無料】ももクロの美学 ...

【送料無料】ももクロの美学 ...
価格:900円(税込、送料込)

posted by やっちゃん at 04:54| 東大生が読んでる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。