2013年06月08日

憲法の創造力

2013年5月1日付・東大生協書籍部門売上3位の本です。

憲法学者である、木村草太(きむら そうた)さんが書かれた本です。

この本では、

良い国家や社会を創るために、良い憲法を創ることとは、新憲法を制定したり改憲することではなく、

憲法の原理を理解した上で、想像力を駆使して我々の「頭の中」に理想のルールを創造することであると書かれています。

それでは、その理想のルールを創造することはどうすれば可能なのか。

君が代斉唱、一票の格差問題など、最新の判例に現れた憲法問題を題材にして、先端的な憲法学の成果を踏まえながら考察されています。

今年の夏の参議院選挙では改憲(とくに憲法第96条)が1つの争点となると思いますが、選挙の前に読んでおくべき一冊だと思います。

【送料無料】憲法の創造力 [...

【送料無料】憲法の創造力 [...
価格:819円(税込、送料込)


posted by やっちゃん at 05:32| 東大生が読んでる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

戦争の条件

2013年5月1日付・東大生協書籍部門売上4位の本です。

東京大学大学院法学政治学研究科教授(専門は、国際政治・東南アジア政治)である、藤原帰一(ふじわら きいち)さんが書かれた本です。

アラブの春を皮切りに、中東情勢の先行きがますます混迷の度合いを深める一方で、尖閣諸島や竹島、北朝鮮の核開発などをめぐって、日本を含めた東アジアでもかつてない軍事的緊張が高まっています。

「戦争はあってはならない」と考える人は多いですが、そのいっぽうで、信頼できない外国政府の行動を押さえ込むために軍隊が必要だと考える人も多いです。

この本は、戦争の条件を考え抜くことで、逆説的に平和の条件にいたる道を模索した、もっともリアルで読みやすい、国際政治学の入門書とされています。

ただし、この本には「正しい答え」は書かれていません。

その理由は、国際政治状況のなかには、どう考えればいいのか、何を選んだらいいのか、「あたりまえ」で「正しい」選択が見えなくなったとき、「より正しい答え」を探す苦しい作業が必要だからです。
 
著者は「私の目的は、答えが見つからない焦燥感のなかに読者の皆さんを置くことである。」と書いており、読者にもこの本を読んで、大いに悩んでほしいそうです。

【送料無料】戦争の条件 [...

【送料無料】戦争の条件 [...
価格:756円(税込、送料込)

posted by やっちゃん at 05:00| 東大生が読んでる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。