2013年06月21日

近代日本の官僚 - 維新官僚から学歴エリートへ

2013年6月1日付・東大生協書籍部門売上8位の本です。

慶應義塾大学総合政策学部の准教授であり、日本における官僚、官僚制度の歴史的展開などを研究されている清水 唯一朗(しみず ゆういちろう)さんが書かれた本です。

明治維新後、新政府の急務は近代国家を支える官僚の確保・育成でした。

当初は旧幕臣、藩閥出身者が集められましたが、高等教育確立後、全国の有能な人材が集まり、官僚は「立身出世」の一つの到達点となりました。

この本では、官僚の誕生から学歴エリートたちが次官に上り詰める時代まで、官僚の人材・役割・実態を明らかにしています。

ひと昔まえまでは、東大を出て官僚になるのがエリートコースといわれていましたが、最近は外資系企業に入ったり、自分で会社を起こす東大生も増えてきているそうです。

現役の東大生がこの本を読んでどんな感想を持つのか、聞いてみたい気がします。


posted by やっちゃん at 05:10| 東大生が読んでる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

教養の力

2013年5月1日付・東大生協書籍部門売上2位の本です。

東京大学教育学部教授で、専門の英学史・英語教育の他、英文学の翻訳も数多く手がけている、斎藤兆史(さいとう よしふみ)さんが書かれた本です。

一九九〇年代、日本の大学から「教養」の名を冠した学部が次々に姿を消しました。

それに呼応する形で専門知・実用知の優位性がうったえられ、いまや「教養」はかつてのエリート達による懐古趣味のような存在になってしまっています。

しかし、本来の教養は、行き過ぎた専門知の追究に対し、物事を多角的にとらえる視点を与えるものでもあったはずです。

この本では、そうした意義に加え、人格的な豊かさを体現するためにも不可欠な教養の意味を問い直し、今の時代にも活きる新しい形を提示しています。

とくに今年の4月に東大に入学した方にとっては、一読の価値がある本だと思います。

【送料無料】教養の力 [...

【送料無料】教養の力 [...
価格:735円(税込、送料込)



(なお、5月1日付で1位の本は、以前紹介した「知の逆転」です。)
posted by やっちゃん at 05:11| 東大生が読んでる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。