2013年05月13日

おどろきの中国

2013年4月1日付・東大生協書籍部門売上3位の本です。

橋爪大三郎さん・大澤真幸さん・宮台真司さんという、日本を代表する3人の社会学者がおこなった、中国に関する討論を書籍化したものです。

・中国はそもそも「国家」なのか?

・2000年以上前に統一できたのはなぜか?

・ 毛沢東の権力とはいかなるものだったか?

・冷戦が終わっても共産党支配が崩れなかった理由とは?

・中国は21世紀の覇権国になるのか?

・なぜ日本人の「常識」は彼らに通じないのか?

などについて、3人が徹底的に討論しています。

中国との関係が微妙になってきている今だからこそ、読んでおくべき本だと思います。

【送料無料】おどろきの中国 [...

【送料無料】おどろきの中国 [...
価格:945円(税込、送料込)



posted by やっちゃん at 04:48| 東大生が読んでる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。